HOME > 会社設立の流れ

会社設立の流れ

会社設立に書類作成や手続きなどにかかる時間は、専門家がお手伝いさせていただいた場合、書類作成におよそ5~6時間程度、法務局への登記申請や完了後の手続きなどで3~4時間程度になります(※設立に必要なすべての内容が決まっている場合)。これらを個人で行うと、個人差もありますが数十時間は掛かってしまうでしょう。

ここでは、どんな手続きになるのかを大まかな流れでご紹介するほか、専門家に依頼することのメリットもご確認いただけます。

会社設立の手順

会社設立の準備スタート!

独学で学ぶのはとても時間がかかります。まず、無料相談にお越しください。

基本事項の決定

設立の際に決定しておくべき基本事項についてご説明します。約1時間程度の無料相談となります。

商号調査と事業目的の確認

会社名(商号)を決める際には、留意すべき点がいくつかあります。
また事業目的は設立後の営業許可範囲と関係するため、慎重に検討すべきです。

定款の作成

基本事項を定款に記載します。株式の設定もとても重要となります。

定款の認証

当事務所では電子定款に対応しており、印紙代の4万円が節約できます。

必要書類の作成

設立の内容によって、登記申請に必要な書類が異なります。

法務局で設立の登記申請

司法書士がオンラインで登記申請を行います。

法人登記の完了後は

大まかな流れは上記のとおりとなります。

これら一連の書類作成や手続きは、頑張れば自分でできないこともありません。ですが、専門家だからこそ知っているような知識や留意点なども少なくありません。営業目的や資本金、本店所在地等、重要事項を自分の感覚で判断して決めてしまうと、定款を後から変更しなければならなくなったり(定款の変更には手数料がかかります)、融資を拒否される、許可申請が通らないなどの事態になるケースも少なくありません。
専門家に依頼するのも、自力ですべて手続きを行うのも、必要な費用はさほど大きく変わりませんので、専門家のアドバイスを受けながら進めることをお勧めいたします。
 

設立後の税務や労務について

当事務所では税理士や社労士など、税務や労務の専門家と協力関係があります。会社設立後の手続きについてもご案内することができます。

設立後に行う手続きには、決算申告(設立からおよそ12カ月後)や社会保険の手続き(算定基礎)があります。


会社設立に関するご相談は、千葉会社設立相談プラザ ふらっとへどうぞ!

お問合せダイアル 成田:0120-054-489、四街道:0120-222-612