HOME > 会社設立のポイント17

会社設立時のポイント17

会社設立には、把握しておくべきポイントが数多くあります。
ここでは、会社設立時によくある「疑問」や覚えておくべき「要点」をいくつか紹介いたします。

  1. 会社を設立するために必要な費用
  2. 資本金の妥当金額とは?
  3. 創業時に融資を受ける
  4. 創業時に受けられる可能性のある助成金
  5. 費用を4万円節約する方法
  6. 会社設立は自力でできるか
  7. なぜ専門家に依頼するのか
  8. 商号を決める際の注意点
  9. 株式会社の設立時に必要なもの
  10. 将来を見据えた事業目的を
  11. 事業目的を決める際に注意すべき点
  12. 許認可が必要な事業
  13. 消費税納税義務の免除期間
  14. 株式譲渡制限について
  15. 役員の任期について
  16. 法人化の利点と欠点
  17. 会社設立後に必要な届出・手続き

上記をご覧いただいて「よし、自分一人でなんとかやってみよう」と思う方もいらっしゃるでしょう。ですが、自分で行っても、専門家に依頼しても、かかる費用は5000円も変わりません。ご自分で勉強されることも立派なことですが、とても時間がかかりますし、設立後に間違いがあった場合、訂正の定款変更だけでも3万円の手数料がかかります。

ポイントを把握していただいたら、専門家にご依頼いただく方が安心ですし、時間も短縮できます。
まずはお気軽に当事務所へご連絡ください。

会社設立に関するご相談は、千葉会社設立相談プラザ ふらっとへどうぞ!

お問合せダイアル 成田:0120-054-489、四街道:0120-222-612