HOME > 設立費用を4万円も節約できる!

設立費用を4万円も節約できる!電子定款認証

電子定款認証

以前の定款認証は、紙で作成した定款を公証人役場で公証人に認証してもらっていました。ですが、現在は定款を電子データとして作成し、公証人もデータ上でその定款を認証するという形を取ることが認められています。これが「電子定款」です。

法務局に会社設立の登記申請をする際に定款を添付しますが、紙の定款の場合、認証の際に発起人または代理人の印鑑を押したものが求められます。
しかし、電子定款は電子データ(PDF文書)ですので、捺印はできません。
そこで、捺印の代わりに予め取得した電子証明書を用いて電子署名を行います
以前はPDF文書の定款に電子署名を付け、フロッピーディスクに保存し、それを提出して電子定款の認証を受けていましたが、平成19年4月からオンラインでも電子定款の認証ができるようになりました

※定款に記載する内容は、紙の定款も電子定款も変わりません。

電子定款のメリット

電子定款を利用する最大のメリットは、会社設立費用が4万円も安くなることです。定款認証は公証役場で行いますが、これには下記のような費用がかかります。

【定款認証にかかる費用】

 紙の定款電子定款
定款認証料 5万2千円 5万2千円
印紙税(収入印紙) 4万円 0円

電子定款は「電子文書」であるため、印紙税の対象とはならず、紙の定款の場合必要となる印紙代の4万円分が節約できるのです。

※印紙税とは、経済的取引などに関連して作成される文書に課税される税金です。

電子認証を利用するためには

自分で電子定款を作成するためには、次のような環境が必要になります。

  • 電子証明書
  • Adobe Acrobat Standard/Professional
  • 電子署名プラグイン
  • 電子公証クライアント

これらを一から揃えると、10万円ほど費用がかかってしまいます。印紙代の4万円が節約できたとしても、これでは意味がありません。
こういった環境をすでに整えている専門家に依頼することをおすすめいたします。もちろん、当事務所でも対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

電子定款対応の専門家に依頼することの利点

  • 定款認証時の印紙代4万円を節約できる
  • 煩わしい書類作成などを代行してもらうので、時間的にも節約でき、事業の準備に集中できる

会社設立に関するご相談は、千葉会社設立相談プラザ ふらっとへどうぞ!

お問合せダイアル 成田:0120-054-489、四街道:0120-222-612