HOME > 会社設立 超・スピードプラン

会社設立 スピードプラン

会社設立 スピードプランは、「とにかく早く会社を設立したい」という方のためのプランです。
お申し込みから2営業日以内に会社設立ができます。※資料が集まっている場合

会社設立をご自身でなさる場合には、会社法や会社設立の本などを読みながら定款や書面を作成するため、大変時間が掛かります。一日でも早く事業を始めたいとお考えであれば、専門家が迅速丁寧にサポートするスピードプランをお勧めいたします。

また費用の面も非常に納得の内容となっております。自分で設立する場合と比較しても、追加で
掛かる費用(当事務所にお支払いいただく報酬)は18,000円(税抜)のみです。
イメージしづらいと思いますが、通常、会社設立の代行報酬は10万円が相場です。

こちらの納得のスピードプランの費用の内訳は、下記をご覧ください。

 

speed1105.png

※上記は税抜表示です。

会社設立スピードプランをご利用いただく条件

会社設立スピードプランをご利用いただくためにはいくつかの条件がありますので、下記をご確認ください。

  • 午前中にご来所いただける方(午後13時以降の場合、翌日受付対応となる可能性があります)
  • 予定する事業において、各種許可申請の要件を確認済みの方
    ※非常に稀な許可申請を伴う場合は、営業目的の確認に時間を要します。
    ※一般的な事業の場合は問題ありません。
  • 会社設立当日、終日対応可能な方
  • 印鑑証明書、払込証明書(出資者代表の通帳)、会社代表印を当日ご用意できる方
    ※会社代表印が当日ご用意できない場合でも対応可能です。その場合はご相談ください

安さの理由

当事務所では、納得プライスで会社設立のお手伝いをしておりますが、この理由電子定款認証
あります。
紙で定款を作成して公証役場で申請する場合、印紙代として4万円も掛かりますが、
電子申請を行えば印紙代がかかりません。当事務所ではこの電子定款認証を行っています

では、自分で電子定款認証を行えば、専門家に依頼せずともよいかというと、そうでもありません。電子定款を作成するために何万円もするソフトウェアを購入し、認証局に登録しなければならないため、手間も費用もかかってしまうのです。

 

会社設立スピードプランのサービス内容

  • 電子定款の作成(事業目的のチェックやご相談)
  • 電子定款の認証作業の代行(公証役場とのやり取りもお任せください)
  • 法務局への登記申請

費用

当事務所の手数料 61,000円

※電子定款やその他で減額となりますので、実質的には18,000円の負担となります
※送料や実費分、消費税は別にご負担いただいております

【支払い先の内訳】

内容金額支払い先
定款認証手数料・謄本取得費用 52,000円 公証人役場
登録免許税 150,000円 法務局 (税金)
登記事項証明書取得費用 1,500円 法務局※
報酬 61,000円 当事務所

※3通分(1通は銀行へ提出、1通は税務署へ提出、1通はお客様控えです)※郵送の場合

ご準備いただくもの

  • 資本金
  • 発起人(資本金を出す人)の印鑑証明書
  • 取締役に就任する人の印鑑証明書
  • 会社の印鑑(会社の代表印は、法務局への登録が必要)
  • お申し込み者本人を確認できる証明書(運転免許証・健康保険証など)

※犯罪収益移転防止法により本人確認を義務付けられております。ご協力をお願いします。
※資本金を出すのが法人の場合、法務局に登録されている会社の代表印の印鑑証明書と、登記簿謄本が必要となります。

免責事項

以下の項目に当てはまる場合は、会社設立が遅延する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

  • 定款認証の際の公証人の予約が埋まってしまっている場合
  • お客様のご対応時間、書類の準備に不備等があった場合
  • その他、交通障害等の予測不能な事態が発生した場合

会社設立に関するご相談は、千葉会社設立相談プラザ ふらっとへどうぞ!

お問合せダイアル 成田:0120-054-489、四街道:0120-222-612