HOME > 株式譲渡制限 > 株式譲渡制限

株式譲渡制限

会社設立の出資者に自分以外の第三者が入る可能性があるときは、株式譲渡に制限を設けておくことをおすすめいたします。
例えば、「株式譲渡には取締役会の承認を必要とする」などです。こうした制限を付けておくことによって「知らない間に会社と全く関係のない人が株主になっていた」というような事態を防ぐことができます。

非公開会社

全ての株式に譲渡制限が付いている会社のことです。
出資者が自分1人の場合には意味がないよう感じられるかもしれませんが、非公開会社にのみ認められている規定(取締役などの任期を10年まで延ばすことが可能など)もあり、メリットも多くあります。
小規模の会社で、全ての株式に譲渡制限を付けることができない特別な理由がないのであれば、非公開会社にすることもご検討されるとよいでしょう。