HOME > 資本金の妥当な金額とは > 資本金の妥当な金額とは

資本金の妥当な金額とは

以前の会社法では、株式会社を設立するためには1000万円の資本金が必要でしたが、現行法ではこうした資本金の制限が撤廃され、資本金が1円でも会社を設立できるようになりました。
ですが、特に理由もなく資本金を1円に設定することはおすすめできません。下記よりその理由を説明させていただきます。

会社運営のための運用資金

会社を設立した直後は備品の購入など出費が多く、資本金がなくなれば、経理上は借入金という形になってしまいます。
売上が入るまでの会社運用にどのぐらいの資金があればよいか検討して、適切な金額を資本金として設定することが望ましいといえます。

ビジネスの信頼度を示すひとつの指標

資本金はビジネスの規模を示すひとつの指標とも考えられます。 資本金が1円というと、取引相手に不安なイメージを与えやすく、逆に信用を得ることが困難な場合も考えられます。
実際、資本金が1円の会社とはなるべく取引をしたくないと考えている経営者も少なくないのが実情です。

融資を受ける、営業許可を取得するための要件

資本金は会社が融資を受ける際の判断材料にされることもあります。また、営業許可を申請するのに一定の資本金が許認可の要件となっている業種もあります
例えば建設業資本許可の場合ですと、資本金が500万円以上あることが要件となります。また人材派遣業の場合は1,000万円、有料職業紹介の場合は500万円以上と規定されています。

営もうとする事業と資本金の関係について事前に調べ、適切な資本金を設定することで、その後の手続を円滑に進めることができます。
詳しくは、当事務所へお気軽にご相談ください。