HOME > 消費税納税義務の免除期間 > 消費税納税義務の免除期間

消費税納税義務の免除期間

消費税納税義務の免除は、基準期間の課税売上高が1,000万円以下の事業主は、消費税の納税義務が免除されるという制度です。
法人の基準期間は、原則として前々事業年度(2期前)と規定されています。新しく会社を設立した場合は、この基準期間となる前々事業年度がありませんので、第1期・第2期の消費税の納税義務が免除されます。

ただし、「資本金が1,000万円以上の法人は免除しない」という特例がありますので、資本金を1,000万円以上に設定していると、消費税納税義務の免除は受けられません。
会社設立時の消費税納税義務免除の効果を最大限享受する方法は、資本金を1,000万円未満にして、第1期の事業年度をなるべく長めに設定するということになります。

『資本金』や『事業年度』は、このようなポイントも考慮して決めましょう。