HOME > 株式会社を設立するために必要なもの > 株式会社を設立するために必要なもの

株式会社を設立するために必要なもの

会社を設立するためには、登記(法務局への届出)をする必要があります。登記申請にはさまざまな添付書類が必要になりますが、当事務所にご依頼いただいた場合、これらの書類は当事務所で作成しますので、お客様がご準備いただく必要はありません。

ご準備をお願いするものは、下記の通りとなります。

1.発起人の実印及び印鑑証明書

会社の発起人になる方には、定款認証用委任状等の関連書類に実印を押していただく必要があります。また、印鑑証明書は発行から3ヶ月以内のものをご準備ください。
取締役兼発起人の方は、印鑑証明書が2通必要となります。
また、発起人が会社の場合は、その会社の登記事項証明書をご用意ください。

2.取締役の実印及び印鑑証明書

会社の取締役になる方には、就任承諾書等の関連書類に実印を押していただく必要があります。また、印鑑証明書は発行後3ケ月以内のものをご準備ください。
取締役兼発起人の方は、印鑑証明書が2通必要となります。

3.出資金

株式会社は定款に定められた額の出資を受ける必要があります。

※必ず定款認証後に出資金の払込みを行ってください。

4.発起人の預金通帳

出資したお金は、すべて発起人の代表者の預金口座に預け入れることになります。そのための預金口座をご準備ください。これは既存の口座でもよいので、必ずしも新規の口座を作らねばならないということではありません。

5.設立する会社の代表印

会社の実印として使用する印鑑のことです。
※類似商号の調査が完了してから代表印を作成してください。

6.発起人全員及び代表取締役の身分証明書

司法書士及び行政書士には、会社設立の依頼者についての本人確認義務、本人確認記録作成義務、本人確認記録保管義務が定められています
このため、発起人の方全員と代表取締役の身分証明書(運転免許証、住基カード、健康保険証など)をご用意いただく必要があります。

本人確認ができませんと、会社設立の手続きを進めることができませんので、ご協力をお願いいたします。