HOME > 商号の決定の際の注意点 > 商号の決定の際の注意点

商号の決定の際の注意点

商号は、基本的には自由に決められますが、幾つかの制限があります。
商号の決定の際には、以下のことに注意する必要があります。

使用できる文字とできない文字

使用可能な文字

  • 日本語(漢字、ひらがな、カタカナ)
  • ローマ字(大文字及び小文字)
  • アラビア数字
  • 符号「&」「-」「・」「'」「,」「.」

使用可能な符号にも、用いるために次のような決まりがあります。

  • 字句を区切る場合に限り使用可能
  • 連続使用は不可
  • 文字の省略を表す「.」は、ローマ字表記の商号に限り使用可能

使用できない文字

  • 「()」(カッコ…×「佐藤(さとう)株式会社」
  • 「  」(スペース…×「佐々木 太郎株式会社」
    ※ただし、ローマ字表記の英単語を区切る場合は使用可能
  • 「@」(アットマーク…×「きくち@千葉株式会社」

他の法人組織名称との併用はできない

会社組織名称(「有限会社」「合資会社」「合同会社」「合名会社」など)と、法人組織名称(「社会福祉法人」「医療法人」「財団法人」など)を会社名に併用することは出来ません。

他の法人組織名称との併用…×社会福祉法人きくち株式会社

有名な会社の商号は使用できない

次のような場合「不正競争」とみなされます。
「他人の商号として世間に広く認識されているものと同一若しくは類似の商号を使用することで、他人の商品や営業と混同させる場合」

また、「ソニー」「楽天」など、有名な会社の商号の使用は認められません。これらを使用してしまうと20万円以下の罰金が科せられることがあります。

会社の一部門を表す単語は使用できない

商号には会社の一部門を示す表現(「〇〇支店」「〇〇事業部」「〇〇営業部」など)は使用できません。

会社の一部門を表す単語の使用…× 山本商事株式会社〇〇支店