HOME > 商号調査 > 商号調査

商号調査

類似商号調査

希望の商号(会社名)と同じ商号が、先に誰かに登録されていないか調べることを類似商号調査といいます。

現行の新会社法では、自分が希望する商号がすでに同一地区町村に存在していても、登記することができます。 ただし、会社を設置しようとしている住所に、あなたの会社の商号と同じ会社がすでに存在している場合には登記できません

ちなみに、自宅住所を会社の本店所在地にする場合は、同じ商号の会社が自分の自宅住所に登記されているということはありえませんから、類似商号調査を行う必要はありません。
ただし、同住所でなくても、近隣で似たようなの商号・事業を営んでいる会社がある場合は不正競争防止法に抵触すると判断されることがあります。
そうした事態を避けるためにも、きちんと類似商号調査をしておきましょう。

類似商号調査の方法

会社の本社を置く予定の住所を管轄する法務局に行き、受付で類似商号を調べに来た旨を伝え案内してもらいます。
そこで商号の帳簿のようなものを閲覧し、自分の希望する商号が登録されていないか調べます。同じ名前が既に存在していた場合は、会社名を考え直す必要が出てきます。 (前述の通り、法律では同じ市区町村に同じ名前の会社が存在していても登記は可能です)