HOME > 創業時に融資は可能か? > 創業時に融資は可能か?

創業時に融資は可能か?

民間金融機関の融資

信用金庫、信用組合、地方銀行、メガバンクなど、貸付を行っている金融機関はたくさんありますが、民間金融機関は実績を重視するため、会社の創業時にこうした金融機関から資金調達することは難しいのが実情です。
「強い担保を持っている」「財産のある保証人がいる」などの場合を除き、資本が少ない創業時の資金調達には不向きです。

新規開業者向けの融資プランがある民間金融機関もありますが、リスクのある開業法人にとっては融資の審査が厳しいものになります。
また、ノンバンク系の融資ですが、こちらは民間金融機関と比べると高金利です。高金利であるというリスクは、創業時の資金調達手段には向きません。

政府系融資

政府系の融資で、創業時の資金調達として活用しやすいのは、日本政策金融公庫(旧:国民生活金融公庫)の「新創業融資」 と各都道 府県や市町村が取り扱う制度融資の一部の「創業融資 です。 これらは両方とも、無担保・無保証での借り入れが可能です。そのため、担保や保証人の用意が難しい人でも、利用できます。
ただし、無担保・無保証での借り入れが可能な分、他の政府系融資よりも金利は高くなります。それでも、民間金融機関から借り入れる場合の金利よりは低くなることがほとんどです。

創業融資の審査のポイント

融資を希望する場合は、事業計画書を作成し、機関の融資担当官と面談をすることになります。
面談でチェックされるポイントとしては「事業計画書の内容」「事業主の能力・経歴・人柄」「 保証人・担保力」「自己資金」などがあります。特に事業計画書の内容は、非常に重要です。

1)事業計画書の内容

審査官に「なるほど。これならうまくいきそうだ。」そう思わせる内容である必要があります。
窓口で用意されている開業計画書のサンプルをなぞったような内容では、熱意も伝わりません。何十枚も書く必要はありませんが、自分の考えるビジネスモデルを具体的に、わかりやすく書くことが大切です。

【創業計画書の書き方】

創業計画書は、融資申し込みの際提出します。 計画書に盛り込む内容としては「開業動機・開業目的」「将来の展望(目標)」「仕入計画」「資金計画」「売上予測」「収支計画」「返済計画」などがあります。 これらをしっかりと書いて、実際の面談時に自分のプランを具体的に熱意を込めて相手に伝えることが大切です。

2)能力・人柄・経歴

政府系金融機関が創業時の融資を得やすいとはいえ、まったく資金回収予測が立たない相手には融資をしてくれません。事業計画の内容と合わせて「この人ならできそうだ」と感じさせるよう、自信を持って自分をアピールしましょう。

  • 事業主になるための最低限の知識があるか?
  • 今までどんな仕事に就き、今後どんな事業を計画しているのか?
  • その事業にはこの人のキャリアの中からどんなスキルが生かされるのか?

などがチェックされます。

担当官はまれに厳しい質問や、相手の弱点を突くような質問をする時があります。その際に焦らず、冷静に受け答えできるようですと頼もしさを感じられ、担当官のイメージも良くなります。
専門家が計画書の内容を確認すれば、審査官が突いてきそうなポイントがだいたい見えてきますので、不安な方はご相談ください。

3)保証人・担保力

融資をする以上、政府系金融機関も回収見込みがあるかないかを見極めようとします。
無担保・無保証での借り入れが可能とはいえ、通常は保証人や担保があれば金利も低くなりますので、可能ならば担保や保証人を用意しましょう。
とはいえ、まったく当てが無いという方も多くいらっしゃいます。また、あえて起業時のリスクを自分一人で負いたいという理由から、多少金利が高くなっても無担保無保証型を選ぶという人もいます。(ただし無担保無保証を選んでも、審査の結果、保証人を要求されることがあります) これに関してはどちらが正解ということはありませんので、ご自身の計画・信条に合わせて選択してください。

4)自己資金

日本政策金融公庫での開業融資は、「開業資金の1/2」という自己資金要件があります。
「1500万の事業計画なら半分の750万は自分で用意してください。残りの750万は融資で用意しましょう」という感じです。
また、無担保無保証の「新創業融資」では、自己資金要件は1/3となります。これには融資上限が1000万という枠があります。

また、自己資金として一時的に融通した、いわゆる「見せ金」を用意することは避けた方がよいでしょう。審査の際には数か月に遡って通帳を確認されるため、不自然な入金はいかにも怪しく思われます。
こつこつ貯めた経緯が手に取るようにわかる通帳が望ましいと言えます。
「この事業の為に地道にお金を貯めてきました」と感じてもらうことで、あなたを信用してもらう材料のひとつとなります。