HOME > 宅地建物取引業務免許の更新 > 宅地建物取引業務免許の更新

宅地建物取引業務免許の更新

更新手続きを行う時期

宅地建物取引業務免許の有効期間は5年間です。
以降も引き続き宅建業を営んでいくためには、免許更新の申請を行う必要があります。
手続きの時期は免許の有効期間満了日より90~30日前となっております。

更新に必要な書類

おおむね、初めに免許を申請した時と同じ書類が必要となります。
書類の準備には意外と時間がかかってしまうので、更新手続きの準備は余裕をみて始めることが望ましいと言えます。また、お忙しい方は専門家に依頼してしまうこともおすすめです。

登録内容に変更箇所がある場合、変更届を出してからでないと更新手続きを行うことはできませんので、変更届が必要な方は更新期間に注意してください。
また、登録内容の変更手続きにつきましては「宅建業登録の変更届」のページをご覧ください。